プレイス&アビリティの採用情報サイト

  1. HOME
  2. 社員インタビュー
社員インタビュー

社員インタビュー

島田 由香里

島田 由香里
  • 採用支援事業部 マネージャー
  • 2014年入社

お客様が「10」の期待をしていたら「100」の満足を提供します。
全てはお客様からの【信頼】のため――――

  • 【なぜプレイス&アビリティに入社を決めたのか?】
    実は私、一度最終選考で落ちています。でも私はどうしてもこの会社で働きたかった。
    だからもう一度チャンスを頂いて、内定を獲得しました。
    入社してからは、「一度自分を落とした社長を見返したい」「採ってよかったと思わせたい」その一心でした。
    この会社に入社したいと思った理由はおもに2つ。
    まずは、人事の仕事に惹かれたからです。ただ1社その中での人事部ではなく、様々な業界の会社の人事部、いわゆる採用のプロになるということ。 非常にやりがいを感じました。
    もうひとつは、女性の営業マンとしてベンチャー企業で自分を試したかったということです。 どこまで出来るのか、自分の成長を求めてチャレンジしていくんだと、覚悟を決めて入社しました。
  • 【女性としてどのようなキャリアステップを歩みたいか?】
    今の目標は、自分が率いる女性の課をつくることです。
    今はある程度売上げを構築することが出来て自信にも繋がっているので、今後は部下や後輩に対するマネジメントも学んでいきたい。
    ゆくゆくは、日本の社会で、今自分が立っているフィールドから「女性営業マン」をもっともっと活躍させたいと思っています。世にいる営業マンというのは、どうしても男性のイメージが強いと思うので、私を筆頭に、女性の営業マンだってこんなに活躍できるんだということを証明させたいですね!
  • 【「プレイス&アビリティ」の社員として―――】
    「この先輩すごい」「こんな人になりたい」と言って頂けるような存在になりたいです。
    そのお手本となっているのが、現在の私の直属の上司。
    なにがすごいかって、本当に真心を持って何があってもお客様第一の精神を忘れないし、不満を一切生ませないところ。 私も、現在お付き合い頂いているお客様は絶対に失いたくないですし、本当に一生ものだと感じています。
    私、ビジネスにおいて「信頼」より上回るものってないと思うんですよね。
  • 【自分をこの会社でどう「活か」せているか?】
    自由な私を受け入れてくれる、そんな環境で働くことができています。
    基本的にプレイス&アビリティ独自のカラーとして、仕事の進め方は自由。確立した自分なりの営業スタイルを認めてくれます。
    ただし、期待された仕事は結果で返す――これだけは私の譲れないこと。
    今までの25年間の自由な生き方がそのまま自分の仕事として表れているのかなと思っています。 会社と自分で考えたときに、「活かされているし、活かしている」相乗効果みたいなものが生まれているのかなと思います。

鈴木 裕樹

石川 広大
  • 採用支援事業部 プレイヤー
  • 2016年入社

採用支援事業部「営業」職  ~人への『想い』は自分を成長させる~

~鈴木さんのある一日~
〈8:50〉 出勤
〈9:00〉 朝会、メールチェック等
〈11:00〉 顧客との打ち合わせ
〈14:00〉 提案訪問
〈16:00〉 帰社、電話営業
〈18:00〉 テレアポロープレ、上司との会議等
〈20:30〉 退社

  • 【採用支援事業部での「営業職」とは】
    営業から始まり、その企業の採用終了まで携わることができます。普段、関わることのできない社長と関わり、外部の人事部のような立場で採用成功に向けたコンサルティングや企画等していきます。
    まだ社会人経験の少ない私ですが、その企業の採用を一からプロデュースさせていただき、それが実り結果として成功したときの『ありがとう』、その言葉一つで、心からやってきてよかったと思います。
    本気でお客様のことを想う。その自分の想いが『成果』と変わる瞬間ってやっぱり嬉しいですよね!
  • 【印象に残っているエピソード】
    先輩の引継ぎでF社の案件を自身で管理・運営していくと決まり、自分で採用戦略を練り直し、その案を社長に提案させていただきました。
    秋採用ということもあり難しい採用でしたが、実際そこから成果を出すことができたとき、「Sくんが担当になってくれてよかったよ。俺はSくんを一人前に育てるからな」というお言葉を頂きました。
    自分が必要とされているからこそ、『期待に応えたい』という思いが芽生えます。
    そしてその思いはお客様への愛情へと変わり、それが結果として表れたとき、自信と成長へ繋がるんだと実感した出来事でしたね。
  • 【仕事で大切にしていること】
    『楽しむこと』『ポジティブ思考』この2つです!
    僕は同期で一番最後までAPOが取れなくて、最初の1ヶ月がかなり苦しかったことを今でも忘れません。
    「俺ここにいていいのだろうか?」と負けそうになったこともありますが、諦めずに色々なことに挑戦し、やっとの思いで取れたAPOから繋がった契約が、いま私にとって大切なお客様となっています。
    ネガティブなことがあっても、それを乗り越えたら次の自分に出逢える!
    今後も努力することを惜しまず、役職に見合った実力をつけていきます。

藤澤 弥悠

一瀬 泉
  • 採用支援事業部 CRM職
  • 2016年入社

採用支援事業部「CRM」職  ~関わる全ての人を幸せにしたい~

~藤澤さんのある一日~
〈8:30〉 出勤
〈9:00〉 朝会、メールチェック等
〈10:00〉 資料作成
〈11:50〉 お昼休憩
〈13:00〉 電話業務
〈16:00〉 外出(営業担当と打ち合わせ)
〈18:00〉 帰社、業務報告、明日の準備
〈20:00〉 退社

  • 【CRM職とは?~ただの営業事務職ではありません!~】
    「営業事務」と聞くと社内でデスクに向かい業務をするイメージが強いと思います。しかし、CRM職はそれだけではありません。
    各チームに配属し、営業メンバーと2人3脚で仕事をしていきます。指示された業務を淡々とこなすのではなく、外出や打ち合わせにも各メンバーと同行します。
    なぜ事務なのに外出や打ち合わせにいくのか。採用支援事業部は「採用成功をさせ、お客様に満足してもらいたい」これを目標としています。そのため、お客様や求職者の方と多く関わるCRM職は、各会社の考えを知っておく必要があるからです。
    実際に営業メンバーと支援をし、採用成功をしたとき「また御社に任せたい!」とお客様に言ってもらえた時は本当に嬉しいです。
  • 【P&Aに入社してよかったこと ~営業と事務の垣根を越えて「成長できる環境」~】
    現在、各課に営業メンバー数名とCRMが1人というチーム編成になっています。チームに所属しているCRMは、営業と事務の垣根を超えて、チームの1人として営業のフォローを行っています。
    そのため、時には各メンバーと意見を交換したり、CRMから営業メンバーに提案したりと、風通しの良い社風のため、どこの会社よりも「成長できる環境」が整っていると感じています。
    また、年次を問わず、どんなことでもチャレンジさせてくれる環境があり、成果に対して正当に評価してくれます。
    3年目ではありますが、「主任」という責任ある役職をいただきました。
  • 【今後の目標】
    「やっぱり任せてよかった!」「信頼できるから仕事を任せられる」と言ってもらえるようにCRMのメンバーを引っ張っていくことが目標です。
    仕事面でのパフォーマンスはもちろんのこと、今後入社してくる後輩のCRMの目標となれる存在に成長していきます。
    また、後輩を指導していく立場になっていくので、「CRMの楽しさ」を伝えられるように頑張っていきます。